豆カード 
 【PositionHome--->>教会学校委員会(CSD)--->>>豆カード
 教会学校(CSD) 教材 ・・・豆カード作成
目次
『希望』誌付録 みことばカード利用法のご案内
 市販の名詞作成用紙を利用してみことばの豆カードを作ろう。
 
 New
4月5日、および新学期分のデータを登録しました。
 お知らせ
 (4月5日分は従来のリンクからダウンロード出来ます。)
4月12日以降のデータについては、下記のリンク先からダウンロードしてください。
みことばカードの保管場所はこちらです。


記事
『希望』誌付録 みことばカード利用方法のご案内
成田教会牧師 高橋 憲司

 教会学校で使用している「希望」誌に準じて、市販の名詞作成用紙を利用した豆カードを作成しました。既に独自のカードを作ったり、市販のカードを用いたりしておられる教会学校もあると思います。100円ショップで売っている名刺フォルダーにカードを集めると楽しさと、教会学校で語られた御言葉が手元に残るので後になって復習するのにも効果的だと思います。
豆カードのイメージ
 使用するソフトはA-one (エーワン)社製の「ラベル屋さん」という無料ソフトです。エーワン社のホームページからダウンロードできます。名刺の作成や、名札の作成、用紙を変えれば郵便物に貼るタックシールにも応用できるソフトです。比較的軽めのソフトなのでどのようなパソコンにもあまり負担をかけることなく利用できると思います。
 印刷する用紙はカードのサイズさえ合えば、A-one (エーワン)社製でなくても大丈夫です。家電量販店や大型文具店、カウネットなどの通販でも購入できます。用紙の質や色、カットプリンターの種類などさまざまなものが売られていますが、普通紙、片面の一般的なもので十分だと思います。100円ショップのダイソーにも(10枚入り)用紙が置いてあります。他にも母の日のカード、一言コメントカードなどにも利用でき、使い方次第でいろいろ活用できると思います。
 今回はサンプルとして1週5シート、2週間分を1枚にしました。教会学校で配る枚数にもよりますが、無駄なく利用できると思います。訳は新共同訳のみですが、それぞれお使いになっている訳に変更することもできますのでお試しください。成田教会では幼稚科用にひらがなバージョンも必要枚数作成しています。あくまで子供向けのデザインですが成人科でも楽しみにしておられる方がいらっしゃいます。
 デザインのイラストはインターネットの著作権フリーのサイトからコピーしてきています(販売目的では使用できません)。 よいサイトをご存知でしたらご紹介ください。

−−−−−
 下記 エーワン社へのリンク
から 作成ソフト「ラベル屋さん」がダウンロード可能です。
   (Windows版、Mac版の両方があります)

   (また本HPの便利帳のページからもダウンロードページへアクセス出来ます。)
印刷時の余白設定と各カードのサイズ 
  ・・・  A4サイズ用紙で10枚のカードが作成可能

カードデータのダウンロード (「ラベル屋さん」対応データ)
豆カードデータ・ダウンロード →

  漢字にふりがな〔ルビ〕をつけたタイプです。)
 
 4月 5日、新学期分(各5枚) ラベル屋さん 新版対応(9版)
 4月 5日、新学期分(各5枚) ラベル屋さん 旧版対応(8版)
 3月29日、4月 3日(受難日)分(各5枚) ラベル屋さん 新版対応(9版)
 3月29日、4月 3日(受難日)分(各5枚) ラベル屋さん 旧版対応(8版)
 
 お知らせ
 (4月5日分は上記リンクからダウンロード出来ます。)
4月12日以降のデータについては、下記のリンク先からダウンロードしてください。
みことばカードの保管場所はこちらです。


ご不明な点がありましたら、小倉教会 渡邉洋子牧師まで電話かメールにてご連絡・ご相談ください。
小倉教会 093-541-4960
   牧師 渡邉洋子  maranata_wat@yahoo.co.jp

印刷サンプル
  各カードを分けている黒の仕切り線は、名詞作成用紙上での切り離し位置を
  示すもので、編集画面でのみ表示されるものです。
  印刷時にはこの線は印刷されません。
 

 ソフトのダウンロード
 左の画像をクリックしても
 エーワン社のダウンロードサイトへ接続します。

 エーワン社:http://www.a-one.co.jp/

 (以上)


 ↑  このページの先頭に戻る

















end